HOME » iPhoneを修理店に出す前にチェックしたいこと » iPhoneが故障した!?起動しないときの対処法と修理に出すべきケース

iPhoneが故障した!?起動しないときの対処法と修理に出すべきケース

「iPhoneが故障した!?」と焦った経験のある方は多いと思います。

突然iPhoneが起動しなくなったら、多くの方は壊れたと思ってすぐに修理に出す準備をするでしょう。

しかし、その前に、こちらでご紹介するいくつかの対処法を試してみてください。修理に出さなくても、iPhoneが使えるようになるかもしれません。

今回は、iPhoneが起動しないときの対処法、そして、修理に出した方が良いケースについてご説明いたします。

意外と簡単な対処法で解決することがある!

iPhoneが突然使用できなくなったら、非常に困ってしまいますよね。しかし、案外簡単な方法で治ってしまうこともあるんです。こちらで詳しくご紹介します。

まずはiPhoneを再起動させてみる

電源が入らない場合や、フリーズしてしまった場合などは、まずiPhoneを再起動させてみてください。大半のケースは、これで解決できるといわれています。 iPhoneを強制的に再起動させる方法は、電源ボタン(端末機器の上部か側面にあります)と、ホームボタン(下部にあります)を同時に長押しするというものです。

どんなケースであっても、まずはこの対処法を試してみましょう。

充電が切れている可能性も

強制的に再起動してもなお起動しない場合、充電が切れている可能性もあります。端末機器に充電器を指し込んだあと電源に接続し、30分~1時間程度充電を行ってください。充電開始から間もなくすると、充電画面が表示されるはずです。その後、再度強制起動を行いましょう。

簡単な対処法で解決しない!修理に出した方が良い場合とは

十分に充電をしていて、なおかつ強制的に再起動をかけたのに解決しない……そんなときは、もしかするとiPhoneが故障している可能性もあります。簡単な対処法でiPhoneが起動しない場合で、修理に出した方が良いのはどのようなケースなのでしょうか?

リンゴループ現象にはリカバリを試してみる

「iPhoneは再起動できたけど、リンゴのマークが出たまま先に進まない」というケースも多くあります。これは俗に「リンゴループ現象」と呼ばれており、リカバリを行うことで解決できることがあります。 iPhoneの電源を落としたあとパソコンにつなぎ、iTunesの接続画面に切り替わったところで復元ボタンを選択します。ただし、復元する場合、端末のデータが消去されてしまうため、バックアップが取ってある状態でなければいけません。

何をやっても画面が真っ暗な場合は修理が必要!

上記の対処法を試してみたけれど画面が真っ暗なまま……という場合、本当にiPhoneが故障している可能性があります。iPhoneは端末内部の接触不良やストレージ容量のオーバーなどで故障すると考えられていますが、長く使用しているものであれば、単なる劣化が原因ということも。

このようなケースでは、やはりサポートセンターに問い合わせしたあと、修理に出すことをおすすめします。水漏れや落下など、故障の原因に思い当たるところがある場合、修理ではなく端末の交換になる可能性もありますよ。

もしもに備えて日頃からバックアップを取っておこう

メールやLINE、通話などの連絡ツールでもあり、また、大切なデータが保管されているドライブでもあるiPhone。

いざという時のために日頃からバックアップを取るようにし、万が一起動しなくなっても困ることのないようにしておきましょう。

iPhoneを修理に出す前にiOS診断で故障の原因を把握しよう!

AppleはiPhoneが故障した際の「iOS診断」というサポートを行っています。このiOS診断を行うことで、修理を依頼しなくても問題が解決する場合もあります。ちなみに現在では「ハードウェア診断」という名前でこちらの機能がリリースされていますが、従来のiOS診断と同じものですのでこちらもおさえておきましょう。

ここからは、iOS診断のバッテリーに関する内容と手順をご紹介します。

App Storeから「Appleサポート」をダウンロード

iOS診断を行うためには、「App Store」からApple公式の「Appleサポート」をダウンロードしてください。

Appleサポートは、iPhone以外のApple製品の診断も行うことができる、とても優秀なサービス内容になっています。

iOS診断でバッテリーの状態を確認しよう

iPhoneの設定をクリックして、その後に「バッテリー」を選択してください。バッテリーを選択した後、iPhone上部でバッテリーの状態をお知らせしてくれます。

このときに「点検修理の可能性があります」と表示されたら、バッテリーに問題がある可能性が高いです。その場合はAppleサポートを起動してください。

Appleサポートで今使用している端末をタップして、「バッテリー、電源、および充電」を選択してください。

次に、「バッテリーに修理の必要がある」を選択し、診断を実行します。その後に同意書の画面が出てきますので、チェックをしてお問い合わせに連絡してください。

Appleサポートのオペレーターが端末のバッテリーを診断してくれるので、診断結果が記載されたメールを待ちましょう。

端末の電源が入らない場合には、Appleサポートのサイトにアクセスして直接サポートセンターに問い合わせることができます。

修理に出す前にAppleサポートでiOS診断を行い、端末の状態をある程度把握した方がスムーズに対処できるでしょう。

Appleサポートから正規プロバイダに修理を依頼しよう!

Appleサポートでは、Appleで正規のトレーニングを受けた修理店に修理を依頼することができます。

Appleサポートを開いて持ち込み修理を選び、「今すぐ場所を検索する」をクリックします。

すると、近くの正規サービスプロバイダが表示されます。リストを選択すると、代理店の最短の予約日時が表示されます。

また、店舗をタップすると予約できる時間帯なども表示してくれるので、とても便利で優秀なサービスだといえます。

iPhoneをすぐに修理したい場合は、Appleサポートの正規サービスプロバイダに直接修理を依頼するとよいでしょう。

iPhoneの調子が悪いと感じた時は、データの保護のためにも早めにAppleサポートを利用して端末の状態を確認することが重要ですね。

自己流の修理は危険!大阪のiPhone修理は実績のある専門業者に任せよう

インターネット上ではiPhoneの修理に使用する部品などが販売されていますが、故障の際に壊れた箇所を調べ、iPhoneを分解して新しい部品に取り換える作業は素人が容易に行えるものではありませんよね。

自ら修理をしようとして、iPhoneの状態が故障前よりもひどくなる場合も多いようです。

iPhoneの自己修理にはどのような危険性が潜んでいるのでしょうか?

自己流バッテリー交換でiPhoneの基盤にダメージを与える

iPhoneの自己流修理で多いのがバッテリー交換です。「バッテリーの交換だけだから簡単!」と、素人がバッテリー交換をすると、iPhoneの機能の心臓にあたる基盤に悪影響を及ぼす可能性があります。

バッテリー交換を行った結果、充電はできるようになったけれども、液晶画面をタップしてもiPhoneが動作しないといった事例が数多く見受けられます。

相手は小さなパソコンと考えましょう。たかがバッテリー交換と安易に考えていると、反対に壊してしまうような大惨事になりかねません。

シンプルすぎるiPhoneの設計は素人には難解

iPhoneは外観もシンプルですが、中身の基盤も実にシンプルな構造になっています。

最低限のパーツに最大限の機能を持たせているので、やみくもにいじってしまうとiPhoneの機能に大きく影響を及ぼしてしまいます。

素人ではわかりにくいシンプルで無駄のない設計が、自己流修理の難しい原因のひとつであり、そのように安易に修理をしてiPhoneが動作しないケースが多くなっています。

iPhoneの組み立てが元通りにできない!

iPhoneの自己流修理のトラブルの中には、バッテリーの交換や他のパーツの交換の際、分解して問題がある箇所の修理はなんとかできたものの、元通りに組み立てることができないといったケースも多くなっています。

このように、iPhoneの自己修理では様々なリスクが伴います。プロの修理店ではどのようなサービスを行っているのでしょうか?

専門家がいて実績のあるiPhone修理店に安心して預けよう!

修理パーツさえ揃えれば、自己流の修理は修理店へ依頼するよりも安価に対処できるように思えますが、時間とお金を費やすだけでリスクが高いことがわかりましたね。

iPhoneの修理をするなら、実績のあるiPhone修理店に依頼することがコストパフォーマンスに優れた一番の近道です。

大阪では「スマホスピタル」や「スマホボックス」といった実績のある人気のiPhone修理店が良質なサービスを提供しています。

くれぐれも自己流の修理をしないよう、専門家がいるiPhone修理店に依頼することをおすすめします。

おすすめのiPhone修理業者5選