HOME » iPhoneを修理店に出す前にチェックしたいこと » iPhone買取に周辺機器がついていると売値に差が出る!

iPhone買取に周辺機器がついていると売値に差が出る!

最近はiPhoneを買取に出す方が増えてきましたが、周辺機器がついているのとついていないのとでは、売値に差がつくのはご存知でしたか?

どうせたいした額にならないからとiPhone本体のみを買取に出すのはもったいない!

1円でも高く買い取ってもらうためにも、周辺機器を揃えて買取に出すようにしましょう。

今回は、周辺機器の有無で買取金額にどれくらいの差が出るのかをご紹介いたします。

iPhoneの周辺機器で代表なものを確認しよう!

まずは、iPhoneの周辺機器の代表的なものをご紹介します。もちろんこのほかにも使わなくなった周辺機器があるという方は、iPhoneと一緒に買取に出すことをおすすめします。

電源アダプタ

iPhoneを使用する上で欠かせない電源アダプタ。Appleの純正のものは1,000円程度で販売されています。「純正のものでなくてもいい」「既に新しいiPhoneの電源アダプタを持っているから必要ない」という場合は、iPhoneと一緒にまとめて売りましょう。

USBケーブル

iPhoneを購入した際にUSBケーブルも一緒についてきます。iPhone 5から差し込み口の形が変わりましたね。純正品の販売価格は2,000円弱です。こちらも新しいものがある方や、違うスマホに変えたから使えなくなったという方はまとめて買い取ってもらいましょう。

イヤフォン

こちらもiPhoneの購入時に付属しています。純正品の販売価格は2,500円程度です。iPhone 7からは差し込み口の形がiPhoneにのみ対応するようになっています。

周辺機器の有無で買取金額は変わる!

いつでも購入できるiPhoneの周辺機器ですが、買取に出す際は周辺機器があるかないかで査定額に差が出ることが多いです。

ただし、周辺機器の買取金額については業者によってバラつきがあります。1つあれば300円~1,000円アップする業者もいれば、逆に周辺機器が1つ欠けるごとに減額していく方式の業者もいます。 iPhoneのUSBケーブルやイヤフォンは世代によって差し込み口が変わっていますので、一般的には最新のものにあった周辺機器のほうが高く買い取ってくれるようです。

電源アダプタ、USBケーブル、イヤフォンの3つがついているだけで、3,000円も買取金額がアップする可能性があると考えれば、まとめて売りたくなりますよね。

iPhoneの外箱も以外と高い!

iPhoneの外箱も意外と高い価格で買い取ってもらえます。外箱の有無で、なんと買取金額に1,000円~4,000円の差が出ることもあるのです。ヤフオク!などをチェックしてみると、iPhoneの箱のみでも出品されており、1,000円前後で落札されています。かなり需要があることが伺えますね。

確かに、中古品として購入する際にも、純正の箱があるのとないのとでは安心感が違います。そのようなイメージもあって、外箱を高く買い取ってくれる業者が多いのではないかと考えられます。

iPhoneを購入した際に外箱を捨てた記憶がないという方は、今一度部屋の中を探してみましょう!

iPhoneの周辺機器を揃えて売るだけで買取金額に差がつく!

iPhoneの周辺機器があるのとないのとでは、買取金額にどれくらい差がつくのかをご紹介しました。基本的に周辺機器があれば買取金額はアップする業者が多いので、可能ならしっかり揃えてから持ち込むのがおすすめです。

ただし、中には周辺機器が揃っていても買取金額が変わらない業者もたまにいますので、周辺機器の有無の差については、事前に確認しておく方が安心でしょう。

おすすめのiPhone修理業者5選