HOME » iPhoneを修理店に出す前にチェックしたいこと » 壊れたiPhone(ジャンク品)を買取してもらうポイント

壊れたiPhone(ジャンク品)を買取してもらうポイント

壊れてしまったiPhoneは買い取ってもらえるのでしょうか?

今回は、iPhoneのジャンク品の買取についてご紹介します。処分してしまうか、修理してまだ使い続けるか、高く買い取ってもらい新機種の購入代金に当てるか、どの方法がお得か考えてみましょう。

壊れたiPhoneをお持ちの方は要チェック!

壊れ具合によるものの買取は可能!

iPhoneのジャンク品は、壊れ具合によりますが買取可能な業者が多いです!

使い物にならなくなったiPhoneのジャンク品をお持ちの方、まさか捨ててしまおうなんて考えてはいませんか!?

壊れているといってもその壊れ具合はさまざまです。壊れ具合によって買取価格に差が出ますので、事前に買取価格がどれくらい変わってしまうのか確認しておきましょう。

フロントガラスが割れていても買い取ってもらえる

まずは最も一般的なフロントガラスが割れている場合です。簡単に修理できることもあってか、ジャンク品の中では比較的高い価格で買い取ってくれます

フロントガラスがキレイな状態のiPhoneから、平均して8,000円~10,000円程度買取価格は下がってしまいますが、正規店で修理をしようと思うと10,000円以上かかることがほとんどです。そのまま買取業者に持って行って買い取ってもらったほうがお得ですね!新機種であれば本来の買取金額も高いので、そこまで損した気分にもなりません。

内部の液晶割れの買取価格はガクっと下がる

フロントガラスの割れと似ている内部の液晶割れ。しかし、内部の液晶まで壊れていると買取価格はかなり下がります。修理が難しく、修理代も高額になってしまうためです。パっと見ただけでは内部の液晶まで割れているかどうかはわかりにくく、「買取店に持って行って初めて気づいた!」というケースもあるようです。

この場合の買取金額は2,000円~5,000円程度が相場のようですね。

ボタンが壊れていても修理に出さずに買取!

ボタンが壊れてしまったiPhoneのジャンク品も、買い取ってもらえる業者はあります!iPhoneのボタンの修理は、保証期間が終わってしまうと30,000円以上かかってしまいます。それなら同じiPhoneを使い続けたり処分したりするより、高額にはならなくても買い取ってもらったほうがよいかもしれませんね。

ただし、ボタン不良のiPhoneの買取金額は数百円程度になることが多いです。あまり期待せずにいたほうがよいかもしれません。

水没は保険適用外!それでも買取は可能

水没してしまったiPhoneの修理は保険適用外となりますので、修理に出すと10,000円以上かかります。しかし、そんなジャンク品でも修理に出さずに買い取ってくれる業者はありますよ!こちらも高額は期待できませんが、捨てる前に買取業者を探してみることをおすすめします!

ジャンク品を買い取ってくれる理由は中の部品や金属!

なぜ使い物にならないようなiPhoneも買い取ってくれるところが多いのかというと、中の部品や金属を再利用するためです。iPhoneに限らず、スマホやタブレットにはほかではあまり見ない金属がたくさん含まれています。

この金属を取り出してリサイクルしたり、部品を海外に売ったりして利益を得ることができるので、ジャンク品でも買取が可能なのですね。

iPhoneのジャンク品を買取している業者を探そう

意外と買い取ってくれるケースの多いiPhoneのジャンク品ですが、買取業者によっては買取を行っていない場合もあります。何でも買い取ってくれるわけではないので、売ろうと思っている業者がiPhoneのジャンク品の買取も行っているのか、事前に聞いておきましょう。ホームページなどにしっかり記載されていることもありますので要チェック!

高額な修理代金を支払うより買取に出そう!

iPhoneのジャンク品でも、高額な修理代金を支払わずに買取に出せることがわかりました。ボロボロのiPhoneをいつまでも使うより、少しでも高く買い取ってもらって新機種の購入代金に当てたほうがよさそうですね!

iPhoneは新世代が出るたびに旧型の買取価格がどんどん下がってしまいます。ジャンク品も買取価格が下がってしまう可能性がありますので、壊れてしまったら早めに買取に出しましょう!

おすすめのiPhone修理業者5選